生野区 朝倉秀実

18年前、小泉総理の時の参院選を、事務統括として戦った後の思いを綴った一文です。
その後、良い方向に向かっていることを願います。

、、、、、ところで、今回の選挙を通じて強く感じたことは、
参議院議員が、一般の国民にとってあまりに遠くかけ離れた存在であるということです。
任期中の6年間、一度も会ったことも見たこともない、話を聞いたこともない、
いや、参議院というものそのものがいったい何をしているのか、国民のあいだに全く実感がないということです。

米国にも上院と下院があります。下院は日常的な課題や地域事情に根ざしたことをとり扱い、
時には出身選挙区、出身組織の代表としての利害のぶつかり合いの場ともなります。
一方上院は、国家や地球といった視野に立ち、長期的な観点から防衛や外交、経済政策など国家の基本方針を議論します。
双方の役割は明確に分かれており、上院と下院が対立することすらあると聞きます。

我が国の参議院も本来、「良識の府」などと謳われ、米国の上院にあたるような役割を期待されたものであり、
それだからこそ、30歳以上、任期は長い6年間、解散もなしとされていますが、
その実態は衆議院の縮小コピーと化し、タレントの乱立などを見ても良識などというものとは縁遠いものとなっています。

我々のような日々の選挙運動は無いのですから、国家の命運を賭けて年中、朝から晩まで勉強、議論に没頭していただくこととし、
遊び半分や仕事の片手間になどと考えている人にはとてもやってられない、くらいになっていいのではないでしょうか。

参議院のありかたについては、いろいろなレベルで議論がなされています。
しかしながらこれまでのような存在であり続けるならば、国民から不要論が出てきてもおかしくはないと感じました。、、、、


悲しい事件に思う 2019.05.31
幸せを祈ります 2019.05.11
両陛下に感謝 2019.04.30

2019.06.06

過去の記録


  アクセスカウンター
   
 
   MAIL: hidemiasakura@gmail.com
TEL: 06-6792-6275
FAX: 06-6794-2777
〒544-0015 大阪市生野区巽南4-7-3